マレーシア発掘サイト

マレーシア在住ライターによるマレーシア情報サイト

MENU

【グルメ】マレーシアで美しい胡蝶蘭に囲まれて楽しむアフタヌーンティー 予約の方法と当日レポートを一挙ご紹介!

 

マレーシアで美しい胡蝶蘭に囲まれて楽しむアフタヌーンティー

 

マレーシアでリーズナブルなアフタヌーンティー

 

マレーシアでは、ホテルだけでなく、コンドミニアム、サービスレジデンスと宿泊施設にも様々な選択肢がある。

 

そのため、需要に対して供給が多く、ホテルの1泊当たりの値段は5つ星ホテルでも大体RM500~(約12,500円/RM1=25円で計算)とかなりお手頃価格だ。

 

その余波はホテル内のアフタヌーンティーの値段にも反映されている。

 

例えば東京の5つ星ホテルでアフタヌーンティーをすれば大体5000円~というところ、マレーシアの5つ星ホテルでは約RM100(約2,500円/RM1=25円で計算)前後とかなりのリーズナブルな価格。

 

 

f:id:marimaripumpkin:20191017200028j:plain

胡蝶蘭がうつくしい

オススメはマジェスティックホテル・クアラルンプールのオーキッドコンサバトリー

 

特にマジェスティックホテル・クアラルンプールでオーキッドコンサバトリーで美しい胡蝶蘭を見ながら楽しむアフタヌーンティーがオススメだ。

 

実は、東南アジア原産の胡蝶蘭。その華やかな見た目とは裏腹に、匂いはきつくなく、花言葉は「清純」や「幸福が飛んでくる」という意味もあり、贈り物として好まれている。

 

そんな気品漂う胡蝶蘭がいっぱいのお部屋でアフタヌーンティーを楽しめる。オーキッドコンサバトリーというのは、胡蝶蘭がいっぱい置いてある部屋、温室の名前で、胡蝶蘭を置いておくために温度管理が徹底されている。

 

スペースに限りがあるため、毎日16名以上の予約は行っていない。そのうえ人気が高いため1ヶ月以上前に予約は必須だ。

 

 

f:id:marimaripumpkin:20191017195833j:plain

白亜の外観が美しい!The Majestic Hotel Kuala Lumpur


オーキッドコンサバトリーでのアフタヌーンティーを予約する方法

 

 

① 電話でアフタヌーンティーをオーキッドコンサバトリーでしたい旨を申し出る。

 

マレーシアからマレーシアの電話番号を使って電話で仮予約しよう。

電話番号:+603-27858000

 

Hello, I would like to book an afternoon tea in Orchid Conservatory at Majestc KL. 

こんにちは、マジェスティックホテルのオーキッドコンサバトリーのアフタヌーンティーを予約したいです。

 

最初に電話に出てくれるのはコールセンターのスタッフ。その後、担当者の方に電話をまわしてくれるので、担当者に上の文章と、予約人数、日付、時間、をはっきりといおう。

 

I prefer to book an afternoon tea in Orchid Conservatory at 3pm on 10 November 2019 for 2 pax.

オーキッドコンサバトリーでのアフタヌーンティー、今年11月10日3時から、2名で予約をお願いします。

 

このとき、必ず、オーキッドコンサバトリーを強調して伝えるようにしよう。オーキッドコンサバトリー以外にも、ホテル内のカフェでアフタヌーンティーを楽しむことができるので、それと区別して伝えなければいけない。

 

 

② ホテルからのメール受信とデポジット(前金)の支払い

 

このアフタヌーンティーは、ホテル側にとって予約を確実にするために、デポジットとよばれる前金が必要だ。そのやり取りと仮予約の確認のため、メールでのやり取りが必要になる。

 

電話口でメールアドレスを聞かれたら、メールアドレスを答えよう。その後、予約確認と前金の払い方がかかれたメールが送られてくる。

 

当時予約したときは、大体下記のように日時、お部屋と金額のほか、ルールなどが送られてきた。 

Reservation Name: Ms *****
Date: 20th October 2018, Saturday
Number of person: 02 adults
Time: 
03.00pm - 06.00pm
Contact Number: *****
Venue: Orchid Conservatory , ( Level 2  Majestic Wing)
Price: Weekdays RM 1
1
0.00 nett per adult
          Weekend (Sat & Sun),
 
Public Holiday:  RM 1
2
0.00 nett per adult 

 

  予約名:Ms. 〇〇〇〇〇

  日付:2018年10月20日

  予約人数:大人2名様

  時間:午後3時~6時

  電話番号:〇〇〇〇〇

  場所:オーキッドコンサバトリー(マジェスティックウィングの2階)

  値段:平日110リンギット/大人1名様

     週末、祝日120リンギット/大人1名様

 

【簡易訳】

 入室ルール

  • お子さんは12歳以上で保護者同伴で入室可能。(幼児は不可)
  • 食べ物飲み物持ち込み不可。
  • 喫煙は不可。
  • プロのカメラマンが室内を撮影する場合は、管理事務所の事前の許可が必要。

 

 適した服装

  • スマートカジュアル

 

  • オーキッドコンサバトリーは特別で限られた空間です。予約確定にはクレジットカードでの全体価格の50%がデポジットとして必要です。またクレジットカードの表と裏の写真、またクレジットカードの名義の方のパスポート写真が必要です。

 

【簡易訳おわり】

 

 ホテルが指定の口座を示してくるので、そちらに指定の金額を振り込むか、添付されてきたクレジットカード Authorizationにクレジットカード番号を書き込み添付するかのどちらかで支払いをすることになる。

 

このときは、指定の口座に価格の半分ににあたる、RM120を支払い、以下のように返信した。

 

The deposit RM120 has been paid below bank account. Reference number is ○○○○○○. Please double check and give me the confirmation of the booking. Thank you.

 

【簡易訳】

  前金、RM120を指定の口座に払いました。 参照番号は、○○○○○○です。そちらの口座で確認をお願いします。また予約も確認お願いします。

【簡易訳おわり】

 

すると同日、このような返信がきた。

 

Thank you for choosing The Majestic Hotel Kuala Lumpur as your venue of choice. We have received the bank in slip with thanks, it make take 4-5 working days for our Account Department to check on the deposit. Kindly be informed that your reservation on 20th October 2018, Saturday is confirmed.The official receipt can be claimed on the dining day itself.

 

【簡易訳】

この度はマジェスティックホテルをお選びいただきありがとうございます。

お支払いを確認するのに4,5日かかる場合があります。ご予約は2018年10月20日で確定いたしました。

【簡易訳おわり】

 

後日特に問題もなく、そのまま予約が確定した。

 

 

いよいよ当日!オーキッドコンサバトリー内での第一印象は…

 

マジェスティックホテル・クアラルンプールのロビーは行ってすぐ見つけたスタッフにオーキッドコンサバトリーの場所を尋ねてみる。

 

Hello, I would like to go to Orchid Conservatory for afternoon tea.

こんにちは、アフタヌーンティーで、オーキッドコンサバトリーに行きたいのですが。

 

すると、スタッフが、オーキッドコンサバトリーの入り口まで案内してくれた。

 

 

f:id:marimaripumpkin:20191022135514j:plain

オーキッドコンサバトリー入り口

 

 

さて、いざ中に入ってみて一番最初に思ったことは、とっても寒いということだ。

どのくらい寒いか例えると、まるで冷蔵庫の中にいるかのよう。 

 

下の写真にある天井を見てわかるようにどうやら、オーキッドコンサバトリーとは、胡蝶蘭の温室の中だった。

 

胡蝶蘭の温室は大体最低10度~15度、最高25度と気温管理が必須のようで、胡蝶蘭が元気な花を咲かせるために欠かせないようだ。 

 

そのため、洋服の上に羽織れるようなカーディガンなどは必須。ひざ掛けがあるなら持ってきたほうが良いかもしれない。

 

f:id:marimaripumpkin:20191022135646j:plain

オーキッドコンサバトリーの中

待ちに待ったアフタヌーンティー

 

案内され席に着くと、スタッフが何種類かの紅茶の葉っぱを持ってきた。

一つずつ香りを嗅ぎ、その日の気分で紅茶を選ぶ。 

 

紅茶を選ぶと、次は待望のウェルカムドリンク。

ウェルカムドリンクは、炭酸が入った少し甘めのモクテルで、甘酸っぱくも炭酸のきいていてさわやかな口さわり。

 

f:id:marimaripumpkin:20191022141618j:plain

ウェルカムドリンク

 

 

同じ食べ物でも周りの環境によって、気分が違う。上品かつエレガントな胡蝶蘭に囲まれながら、ゆっくりと紅茶を飲む。手足が冷えていたため、アフタヌーンティーの温かさが余計に身にしみた。 

 

f:id:marimaripumpkin:20191022141953j:plain

アフタヌーンティー THE ORCHID CONSERVATORY

 

アフタヌーンティーはホテルによって色々特色がある。別のホテルでは焼きたてのスコーンが美味しかったり、とにかく激甘のスイーツだったり。

 

ここ、マジェスティックホテルのアフタヌーンティーの特色は、デザートであるマカロン、小さくて可愛いカップケーキのほかにもお昼ごはん的要素のある、温かい食べ物もあるところ。

 

温かい食べ物は、軽めの揚げ物などやはりこちらも小さくて可愛らしい。下の写真のように、きちんと保温されていて少しの間であれば温かいまま。この日のために昼ご飯を抜いてきたかいがあった。

 

f:id:marimaripumpkin:20191022142646j:plain

温かい食べ物も・・・

 

スイーツはスイーツでも甘すぎない。程よい甘さで美味。友人とおしゃべりしながらゆったりと3時間くらいかけ食べ終わった。量は、さほど多くはないが、ゆっくりと食べるため、昼食を抜いてこのアフタヌーンティーに挑んだにも関わらず、夕食はいらないと思えるくらいにおなかがいっぱいになった。

 

胡蝶蘭を綺麗に保つためオーキッドコンサバトリーの室温の低さだけは難点だが、またいきたいと思えるマジェスティックホテル、オーキッドコンサバトリーのアフタヌーンティーだった。

 

 

f:id:marimaripumpkin:20191022142141j:plain

アフタヌーンティー THE ORCHID CONSERVATORY

 

 まとめ

1か月前からの予約も含めると、かなり待つ時間が多いが、やはり来たかいがあった!と思えるオーキッドコンサバトリーでのアフタヌーンティー

胡蝶蘭に囲まれながらの、お昼ごはん的要素もある、スイーツだけじゃないアフタヌーンティーは、格別。

 

皆さんもぜひお試しを☆

 

 

参考: The Majestic Hotel Kuala Lumpur