マレーシア発掘サイト

マレーシア在住ライターによるマレーシア情報サイト

MENU

【グルメ】マレーシアで食べる定番グルメ!チリパンミー!

【グルメ】マレーシアで食べる定番ローカルグルメ!チリパンミー!

 

マレーシアに来たらぜひ食べてほしいローカルグルメの一つをご紹介。

マレーシアといえば、多民族国家で様々な料理が目白押しだがお手頃ローカルフードといえば、パンミー。

 

キンキンはチリパンミー発祥の店

ローカルグルメの中でもまず嫌いな人はいない、キンキンのチリパンミー。

 

たいていのガイドブックにはキンキンが載っている。 

 

キンキンは、1985年にTan Kok Hongさんご夫妻によってオープンしたお店。2020年でなんと創業35年の老舗。

 

パンミー発祥の地ということで、パンミーファンからすれば、パンミーの聖地。 

 

Tan Kok HongさんがJalan Chow Kitに建てた1号店は未だにお客さんが途絶えることはない。

 

かつて、Tan Kok Hongさんの奥様が特にとろっとろの黄身のポーチドエッグが大好きで、ポーチドエッグのほかにもトッピングを試した結果、豚肉のミンチ、ポーチドエッグ、カリカリのアンチョビを入れたのが始まりだったとのこと。

 

平日のお昼は特に、おなかをすかせた近くて働くマレーシア人たちでいっぱい。 

 

 f:id:marimaripumpkin:20191013150604j:image

 時代は流れてもそのシンプルかつ病みつきになる美味しさ

 

パンミーは、うどんのようにスープの中に麺が入ったものがスープ・パンミー、スープに麺をいれない、ドライ・パンミーがある。

 

少なくとも私の周りにいる日本人はスープ・パンミーよりもドライ・パンミーを選ぶ傾向がある。

  

ドライ・パンミーは、まるで日本でいううどんのよう。でもうどんよりももっと固めでアルデンテ。

 

シンプルな食べ物なのに、いくらでも食べたくなる。

 

保存料などは一切入っておらず、毎日パンミーがお店で手作りされている。

 

f:id:marimaripumpkin:20191013150540j:image

 

 

机の上には、チリが用意されており、パンミーを頼んだお客さんは、好みの量のチリを好きなだけ入れることができる。

 


f:id:marimaripumpkin:20191013150531j:image

 

このチリがもしかしたらパンミーが病みつきになる一つ要因かもしれない。

 

このチリ自体、独特の味がついていて、どうにもこうにもパンミーのおいしさをグッと引き上げる。

 

そうなると、たくさん入れたくなるが、美味しいからってジャンジャンいれちゃうと、辛さの主張が激しいので要注意。

 

個人的に、スプーン一杯のチリをドライ・パンミーにいれると、「あ、ちょっともうちょっと入れようかな?辛さが足りないな?」となり、3杯目くらいで少し辛くなるイメージ。

 

多少のエアコンは完備しているものの、そこまで室内は冷えているわけではないのでチリを入れすぎると、汗が噴き出てしまう。

 

もし辛いのが苦手という方は、1杯のチリくらいにしておいたほうがいい。

 

価格は一皿スープもついてRM10いかないくらいで、お財布にもやさしい。

 

マレーシアにきたらぜひ食べたいマレーシアフードリストにメモ!

 

 

参考:

Restaurant Kin Kin