マレーシア発掘サイト

マレーシア在住ライターによるマレーシア情報サイト

MENU

【グルメ】マレーシア・クアラルンプールで平日ランチにピッタリ!海南チキンライス♪

 

【グルメ】マレーシア・クアラルンプールで平日のランチにピッタリの海南チキンライス

 

マレーシア・クアラルンプールといえば海南チキンライスはマスト・トライ!

 

東南アジアで食べれる料理のひとつに海南チキンライスがある。

 

マレーシアだけでなく、シンガポール、タイなどでも食べれるが、その国によって味付けも料理方法も異なる。

 

クアラルンプールの海南チキンライスとはどういうものだろうか?

 

 

クアラルンプールの大都会の中心地にある超ローカルレストラン

 

マレーシア・クアラルンプールの都会の中心地にその店、Famous Chicken Rice 海南雞飯はある。

 

チャンカット・ビキビンタンと呼ばれるクアラルンプールの飲み屋街からナガサリ通りに入っていく。

 

どっしりとたたずむパークロイヤルレジデンスの前にそのお店はあった。

 

そのお店、屋根はあるものの、ほぼ屋外にありエアコンはなく天井にファンがあるだけのいわゆるローカルレストラン。

 

最初は、ほんとにここが美味しいのか?と半信半疑だった。

 

でもそのレストラン内はマレーシア人たちでいっぱい。

 

いったいどれくらい美味しいのだろうか、とがぜん興味がわいてきた。

 

 

実はあまり好きではなかったチキンライス

 

いつの日だったか、以前マレーシアのどこかでチキンライスを食べたことがある。

 

そのチキンライスが、いわゆる「はずれ」であまり美味しくなかったのだ。

 

その印象が強すぎて、チキンライスをあまり食べずにいた。

 

このお店に出会うまでは!

 

今回、たまたま同僚とここに来る機会があり、せっかくなので再挑戦してみることに。

 

 

もちもちぷるんぷるん!最高のチキンライスに出会う

 

広東語では、蒸したチキンを「シューカイイト」というらしい。

 

ハラルではないので、イスラム教を信仰している人は食べることができない。

 

そのためお客さんの大半は中華系マレーシア人たちだ。

 

だからお客さんの中には「チキンライス」で注文しているより、「シューカイイトー!!」と注文する人のほうが多かった。

 

シューカイイトは、ごはんとスープ付き。

 

鶏のだしがよく染み出たチキンスープは、どんなに暑くても、もう一口、もう一口と飲みたくなる。

 

f:id:marimaripumpkin:20190819005949j:plain

 

そしてシューカイイトは、もちもちのぷるんぷるん!

 

こんなに、弾力があって、ぷるぷるなシューカイイトを食べたことがない。

 

このライスにもあらかじめ味がついてあって、ライス単体だけでも食べれるくらい美味しい。

 

更に、もらえるしょうがやニンニクなどで作られたこのお店、特性のタレをご飯やシューカイイトにかけて食べると…

 

ハイ!もう病みつき!

 

 

驚きのそのお値段は?

 

気になるお値段は、シューカイイト+ごはん+スープでなんと6リンギット

 

日本円にすると約150円(*RM1=25円で計算)という安さ。

 

こんな大都会の真ん中で、物価上昇が激しい中、良心的なお値段が嬉しい!

 

今、このお店に出会い、シューカイイト、チキンライスはすっかり大好物に。

 

 

 

行くなら金曜日のお昼がおすすめ

 

このローカルレストラン、Famous Chicken Rice 海南雞飯は、週に5日オープン、平日のお昼のみ営業する。

  

平日の月曜日から木曜日はお客さんで常にいっぱい。

 

ただ金曜日のお昼であれば、近くでやるフライデーマーケットに人が行くので、結果的にFamous Chicken Rice 海南雞飯に行くお客さんが少し少なくなる。

 

一度行けばトリコになること間違いなし。

 

 

参考:

Famous Chicken Rice 海南雞飯